ζ[ZETA] Specium blog

アニメ、コミック、フィギュアなどの情報を発信します
ζ[ZETA] Specium blog TOP > アニメ > デンキ街の本屋さん 第6,7話 11/14 あらすじと感想 #denkigai
広告バナー

デンキ街の本屋さん 第6,7話 11/14 あらすじと感想 #denkigai

 初投稿、女子力。

 冒頭は、海雄くんから早出勤を指摘され、さらに、ジャージを代えてないことも指摘される先生。海雄くんとひよたんに問い詰められ、先生は、うまのほねの仮眠室で、初投稿のための原稿執筆を泊まり込みで作業していることを告げる。

 海雄くんが手伝いを申し出てきたが、先生としては初投稿だけに独力で完成させるつもりだった。しかし、締切り間近ということもあり、先生は海雄くんとひよたん、そして、カメ子ちゃんに手伝ってもらうことになる。

 勤務時間が終わり、早速、原稿作成の手伝いに入る。カメ子ちゃんが、意外にも戦力になることが判る。深夜になって、ひよたんとカメ子ちゃんは帰宅したが、海雄くんは泊まり込みで先生を手伝っていた。

 二人っきりになり、先生は海雄くんを意識してしまうw。そろそろ限界になったので、先生が海雄くんに睡眠を摂るように指示するが、海雄くんは先生にも睡眠を勧め、結局、二人で眠ることになる。

 明けて、勤務→原稿執筆作業は続く。泊り込みになって、先生が幼児返り現象を起こしたw。海雄くんが睡眠を勧め、その後、先生に励ましの言葉を告げる。

 締切り当日になって、カントクの指示により、ソムリエくん、腐ガールちゃんも手伝いに加わり、原稿執筆は急ピッチで進められる。そして、最後の原稿をスキャナーで入力しようとしたとき、悲劇が起きた…。ひよたんが、その原稿にインクを零してしまったw。

 先生、ひよたん、腐ガールちゃん、カメ子ちゃん、ソムリエくんが号泣して、何も手に着かない状態。そこに、海雄くんが立ち、強烈に号泣したw。彼を見て冷静さを取り戻した先生たちは原稿を仕上げ、カントクが発送を済ませた。ホッとした後、先生はコミカ原稿の準備を告げるのであったw。

 場面代わって、捕縛された先生の前に立つ、つもりんとひよたん。これから、先生の女子力チェックタイムw。店内に仕掛けられたカメラで、原稿執筆中の先生の行動が赤裸々に明かされた。カントクの解説により、女子力が次々と減点されていくw。最後には、つもりんとひよたんにも、冷たい視線で見つめられる先生だったw。

 次の話。冒頭は、コミカ帰りで、ぐったりとした、うまのほねスタッフたち。カントクの提案で、近くの日帰り温泉(スーパー銭湯?)へ行くことになる。同じく、コミカ帰りのつもりんも合流し、現地へ。

 早速、入場し、着替えようとする先生だったが、マナーが判らず困っていると、つもりんが教えてくれようとしていた。突然、ひよたんが、全裸で温泉へ向かおうと暖簾をくぐる。先生、腐ガールちゃんも、続く。

 しかし、そこは未だ浴衣ゾーンだったw。全裸を見せて赤面して戻ってきた、ひよたんたちだったw。その後は、内部の施設で遊ぶ面々。カントクとひよたんは一緒に行動しており、つもりんはカントクに声をかけられなかった。

 その後、温泉に入る女性陣。つもりんは、早速、女子スタッフたちのおっぱいチェックに入ったw。しかし、対象者は二名w。その後は、コイバナとなる。つもりんは、ひよたんに、それとなく探りをいれている感じ?。

 遊び疲れた頃に、つもりんはビールを飲み始めるw。他のスタッフたちは別の場所へ行っており、酔いつぶれたつもりんとカントクの二人だけ。つもりんは、カントクに膝枕を頼む。その膝枕に頭を乗せて、つもりんは、カントクに昔のように「戻れない?」、告げる。

 しかし、カントクは、「今、好きな子がいるんだ」と答えた。つもりんは、涙でカントクの膝を濡らしていた。その様子は物影から見ていたひよたんに聞かれている。

 夏休み最終日、「夏フェア」の後片付けをしてる最中だったが、ひよたんは、温泉のときの出来事が気になり、カントクを意識してしまう。上の空で作業していたひよたんは、指を切ってしまい、カントクに手当てを受ける。

 二人っきりになったとき、ひよたんは思いきって、自分の事を尋ねようとしたが、「わたしとつもりんのおっぱいのどっちが好きですか?」と尋ねてしまうw。しかし、カントクは、博愛おっぱい主義を主張して、誤魔化していたw。

 誤魔化されたひよたんは、泣き出してしまい、先生に抱きつく。残されたカントクは、後になって、ひよたんの言葉に赤面し、調子を崩していたようだw。つづく。

 原稿執筆は修羅場ですよね。女子力が落ちても、仕方ないかも?w。でも、コミケだと、妙に綺麗な作家さんがいるよなぁ?w。

 つもりんは、フラれてしまったようです。ちょっと辛い感じ?。つもりんがカントクとすれ違ってしまった理由は、何だろうね?。ちょっと気になります。つもりん、可愛い。

 先生と海雄くんは順調のようですなw。

 ビッグサイト近くのスーパー銭湯には、一度行ってみたいと思っているのですが、未だに機会が得られず、残念です(汗)


デンキ街の本屋さん 第6,7話11/14 あらすじと感想
デンキ街の本屋さん 第6,7話 11/14 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村 トラコミュ デンキ街の本屋さんへ
デンキ街の本屋さん
スポンサーサイト
[ 2014/11/14 17:12 ] アニメ | TB(4) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

デンキ街の本屋さん TokyoMX(11/13)#07
第7話 いざ銭湯へ・・・/胸がいっぱい 夏コミカも無事終了、打ち上げに近くの温泉へ。ツモリンも合流してお江戸温泉物語へ。色んな温泉がある、ツモリンとカメ子は経験者。ひおたんは初めて、先生は温泉自体が初めて。ルールを尋ねようとするとひおたんが一番と走り出して 釣られて走る腐ガールと先生。そこは浴衣ゾーンで裸を晒してしまう。 ツモリンはおっぱいチェックと先生、ひおたんを触る。腐ガールとカメ子はコ...
[2014/11/14 18:01] ぬる~くまったりと
デンキ街の本屋さん #07 「いざ銭湯へ・・・」ほか
今週も女子力解析されるセンセイ。「デンキ街の本屋さん」の第7話。 「いざ銭湯へ・・・」 夏のコミケの打ち上げで一同とステージを終えたつもりんは「お江戸温泉物語」へ。 カントクの奢りということだけどこの人数だとけっこうな金額だぞ・・・ なんか温泉プールがアレな気がしますが、取りあえず更衣室へ。 スパリゾートのシステムをあんまり知らないで真っ裸で飛び出すひおたん。 ついて...
[2014/11/14 19:07] ゆる本 blog
デンキ街の本屋さん 第7話『いざ銭湯へ……/胸がいっぱい』 キャプ付感想
デンキ街の本屋さん 第7話『いざ銭湯へ……/胸がいっぱい』 感想(画像付) そこはまだ浴衣ゾーンよ!(笑) ひと夏の忘れられない思い出でしたね、ひおたんたちw 温泉回からの恋愛ストーリーに展開!?   夏コミカ、それは会場内に雲ができるほどに暑いイベント! なので温泉回だー!! 汗を流すためだから仕方がないね、温泉必要だね。 うまのほねはお江戸温泉物語を応援してしま...
[2014/11/14 22:39] 空 と 夏 の 間 ...
デンキ街の本屋さん 7話 感想 恋する少女と、滑り台行きへの切符を切った元カノの恋愛物語でした!
[ いざ銭湯へ…… / 胸がいっぱい ] よりを戻したい気持ちがダイレクトに伝わってきて胸が痛い 新しい恋を目撃して、身を引こうとしてるシーンに思わずナミダ
検索フォーム
アイコン
俺の嫁OFF
俺の嫁OFFニュース

俺の嫁OFFサーチ

広告
ワルキューレ ロマンツェ
TVアニメ「ワルキューレ ロマンツェ」公式サイト
ホスティンガー
ウェブホスティング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-