FC2ブログ

ζ[ZETA] Specium blog

アニメ、コミック、フィギュアなどの情報を発信します
ζ[ZETA] Specium blog TOP > スポンサー広告> アニメ > ソードアート・オンラインII 第14話 10/5 あらすじと感想 #sao_anime
広告バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソードアート・オンラインII 第14話 10/5 あらすじと感想 #sao_anime

 救った命との邂逅。

 冒頭は、詩乃ちゃんを襲う新川くんの姿。扉のところまで逃げた詩乃ちゃんだったが、足首を掴まれ、身動きできない。突然、扉が開き、新川くんの顔面に蹴りを加えた者がいた。駆けつけてきた和人くんだった。

 和人くんに指示されて逃げようとした詩乃ちゃんだったが、新川くんの手には注射器があることを伝えていた。取っ組み合いになった二人、新川くんは和人くんを殴りつけた後、注射器を取り出して胸に押し当てた。

 戻ってきた詩乃ちゃんは近くにあったラジカセ?を持ち上げて、新川くんを殴りつけた。新川くんは昏倒したが、注射器は和人くんに打たれてしまった。慌てて、詩乃ちゃんが和人くんの衣服を脱がして確かめると、偶然だが、付着していた心電図の端子に阻まれ、薬液は体内に入っていなかった。安堵したのか、詩乃ちゃんの目から涙が零れる。

 後日、以前にカツアゲしてきた不良女子たちに呼び出された詩乃ちゃん。不良女子は兄から借りてきたエアガンを詩乃ちゃんに向けてきた。試し撃ちをしようとした不良少女だったが、トリガーが引けなかった。この一瞬で、理性を取り戻した詩乃ちゃんはエアガンを取り上げ、安全装置を外して試し撃ちしてみせた。不良女子から見えないところで、詩乃ちゃんは堪えていた。

 校門の前で和人くんがバイクで待っていたw。二人は移動して、誠二郎さんから事件の真相を聞く。主犯とされている新川兄弟は、既に逮捕されいるが、もう一人の共犯者である金本敦という人物は逃走していたが、直ぐに逮捕されるだろうとのこと。

 最初は、新川兄弟だけで、面白半分で計画されていた犯行だったが、現実に実行され、さらに、共犯者を増やして、殺害するターゲットを増やしたらしい。新川恭二くんは兄の昌一くんのSAOでの行いを聞いて、尊敬していたという。

 誠二郎さんと和人くんも、現実世界と仮想世界の区別がつかなくなった者たちと言ったが、詩乃ちゃんは、今、居る、この世界が現実であると告げた。和人くんも、彼女の言葉を肯定している。最後に、誠二郎さんからザザこと昌一くんからキリトこと和人くんへ伝言が読み上げられた。「未だ終わっていない…」。

 この後、詩乃ちゃんは和人くんに誘われ、エギルの店へ向かう。そこには、明日奈ちゃんと里香ちゃんが待っていた。お互いに、自己紹介をして本題に入った。和人くんは先に詩乃ちゃんする。彼は彼女が知るべき事実を探すために、彼女の故郷に行っていたらしい。

 里香ちゃんが連れて入ってきた人物二人に詩乃ちゃんは見覚えがなかった。一人は成人女性で、もう一人は彼女の娘らしい。この女性こそ、かつて、あの事件が発生した郵便局に務めていた職員だった。その女性は詩乃ちゃんに謝罪と感謝の言葉を述べる。あのとき、その女性の中には目前の娘さんが居たらしい。

 驚いた詩乃ちゃんに和人くんは告げる、「君が守った人を知る権利と自分を許す権利がある」と。娘さんが命の恩人である詩乃ちゃん宛に書いた手紙が読み上げられる。詩乃ちゃんの手に娘さんの手が重なる。シノンは銃を手放したのだった。つづく。

 とりあえず、GGO編が終わったようです。

 新川くんについては、ネトゲ廃人の恐さの一面を見た気がしますねぇw。

 それにしても、詩乃ちゃんのために、和人くんたちは凄い行動力を見せましたね。やはり、同じ思いを持っているためでしょうか?。

 これ以降は、2篇がアニメとして放送されるようで、楽しみです。

 注射器が和人くんに打たれたときは万事休すと思いましたが、そこは、物語上の偶然というやつで助かった感じw。まぁ、主人公ですからねぇw


ソードアート・オンラインII 第14話10/5 あらすじと感想
ソードアート・オンラインII 第14話 10/5 あらすじと感想
tomo speciumtomo speciumのGoogle+プロフィールhttps://plus.google.com/u/0/103143568056361288082/

にほんブログ村 トラコミュ ソードアート・オンラインへ
ソードアート・オンライン
スポンサーサイト
[ 2014/10/05 16:55 ] アニメ | TB(9) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ソードアートオンラインII TokyoMX(10/04)#14
第14話 小さな一歩 公式サイトから誌乃を殺してから自分も死のうと、恭二が襲いかかる。だが、間一髪で和人が駆けつけて、恭二に飛びかかった。もみ合いとなる中、恭二が持っていた毒薬入り の注射器が和人に押しつけられるが、奇跡的な偶然により薬液は注入されず、和人は難を免れる。後日、和人と誌乃は菊岡に会いに行き、今回の事件に関する事実関係を聞くことに。菊岡は《死銃》の一人として逮捕された男から、 キ...
[2014/10/05 18:52] ぬる~くまったりと
ソードアート・オンラインII 第14話「小さな一歩」 キャプ付感想
ファントム・バレット編、完結!?  詩乃ちゃんは銃を捨て、新しい一歩を歩き出します…。  新章では、アスナちゃんの出番が多いといいですねw    誌乃を殺してから自分も死のうと、恭二が襲いかかる。 だが、間一髪で和人が駆けつけて、恭二に飛びかかった。 もみ合いとなる中、恭二が持っていた毒薬入りの注射器が 和人に押しつけられるが、奇跡的な偶然により薬液は注入されず、 和...
[2014/10/05 18:55] 空 と 夏 の 間 ...
ソードアート・オンラインII 第14話 小さな一歩
SAO2期 第14話。 死銃(デス・ガン)事件の終結後、詩乃の前に現れたのは・・・。 以下感想
[2014/10/05 19:22] 窓から見える水平線
ソードアート・オンラインII第14話「小さな一歩」レビュー・感想
詩乃お姉さん、ママと瑞恵を助けてくれてありがとう己の自己中心的な欲求から詩乃を殺して無理心中を図ろうとして襲いかかる新川恭二。しかし、そこに駆けつけた和人によってそれ ...
[2014/10/05 19:45] ヲタブロ
【アニメ感想】ソードアート・オンラインⅡ(GGO編)
《SAO》事件から一年が経ったある日、キリトは、総務省《仮想課》の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。 それは、銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン(GGO)》で突如発生した怪現象《死銃(デス・ガン)》事件の捜査であった。 漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実世界でも《死》に至る……。 その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、《仮想世界》が《...
[2014/10/05 20:34] R.U.K.A.R.I.R.I
ソードアート・オンラインⅡ 第14話「小さな一歩」
【Amazon.co.jp限定】 ソードアート・オンラインII 1(クリアブックマーカー付) (完全生産限定版) [Blu-ray]『自分自身を許す権利があるんだ』 原作:川原礫 監督:伊藤智彦 制作:A-1 Pictures キリト:松岡禎丞  アスナ:戸松遥  リーファ:竹達彩奈   ユイ:伊藤かな恵 シリカ:日高里菜   リズベット:高垣彩陽  シノン:沢城みゆき ...
[2014/10/05 23:40] 明善的な見方
アニメ ソードアート・オンラインII 第14話「小さな一歩」感想
「それはシノン、君が会うべき人に会っていない。聞くべき言葉を聞いていないと思った
[2014/10/06 10:47] くまっこの部屋
ソードアート・オンラインII 第14話 「小さな一歩」感想
さあ~可愛いメガネっ娘が汚い男に犯されるというスバラ…もとい緊迫したシーンで登場したキリトさん! しかし…まさかの事態が!? 【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンラインII 2(クリアブックマーカーver.2付) (完全生産限定版) [Blu-ray](2014/11/26)不明商品詳細を見る
ソードアート・オンラインII 第14話 『小さな一歩』 浮気チェックと思いきや...なんだこれ。※閲覧注意。
※今回は不満が多いので、好きな人は閲覧をお薦めしません。 胸のコインが守ってくれた。リアルのキリトはあまり強くない。狂った新川に圧倒されちゃってますね。新川役:花江夏樹の熱演が素晴らしい。それでも起死回生の一撃…を食らわすどころか致命的な薬物食らってしまった!しかも心臓を直撃、こりゃ助からない。 最初シノンが服脱がした時、ダメモトで吸いだすのかと思った。よく見るとパッチにガード...
検索フォーム
アイコン
俺の嫁OFF
俺の嫁OFFニュース

俺の嫁OFFサーチ

広告
ワルキューレ ロマンツェ
TVアニメ「ワルキューレ ロマンツェ」公式サイト
ホスティンガー
ウェブホスティング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。